施工の流れ

  • ステップ1 お見積りの流れ

     

    現場調査・診断

    現場調査のご依頼をいただき次第、ご希望日時にお伺いいたします。

    ※土・日・祝日も対応しています。図面や写真で概算での提示も可能です。

     

    調査報告書・お見積り

    現在の劣化状況を厳正に診断、最適な修繕工法にてお見積書を作成し、調査報告書と合わせてご提案させていただきます。

    ※お見積り書は約1週間で上がります(提出日はご都合に合わせます)。現場調査や見積説明、または他社様のお見積り内容の査定は無料ですので、お気軽にご相談ください。

     

     

  • ステップ2 ご注文の流れ

     

    正式なご注文をいただきます

    お電話・当サイトのお問合せホーム・Eメール・FAXにて、ご希望の塗料ランク、オプションなどをお知らせください。迅速に工事に向けて「事前準備」に入らせていただきます。

     

    注文書作成

    ご注文書を送付、またはお届けに上がりますので、ご記入をお願いいたします。その際、工事にまつわる全てのご確認をさせていただきます。しっかりとご納得いただいた上で正式な着工日を決定させていただきます。ご注文書は郵送・メール・FAXにてご返送ください。

    ※ご注文書発行と同時に色の打ち合わせもさせていただきます。

     

    色の打ち合わせ

    ご来社いただくか、お伺いさせていただきます。色見本をご覧いただいき、ご希望の色をお選びください。

     

    ご契約

    着工日が決定した時点で契約書を発行いたします。説明させていただいた内容や、取り決めなど、全て書面に起こして提出させていただきます。ご確認・ご納得いただいた上で契約書に署名・捺印をお願いいたします。

     

    近隣の方々にご挨拶

    工事着工日が決定したあと、工事のご了承をいただくため、近隣の方々へ挨拶に伺わせていただきます。工事前にしっかりとご納得いただけるよう、根気よく何度もお伺いいたします。スムーズに工事が運ぶよう、しっかりと対応いたしますので、お客様には特にご挨拶の必要はありません(ご近所づきあいの範囲内でのご挨拶はおまかせいたします)。

     

     

  • ステップ3 工事の流れ

     

    ①工事着工

    麻布では工事の着工日をなるべく「大安」か「先勝」にさせていただいています(六曜などお気にされないお客様はご希望日にさせていただきます)。

     

    ②足場組立

    お住まいの周りに仮設足場を建てます。足場を建てた一部に責任者と連絡先を明記した麻布の看板シートを貼らせていただきます。ポリカ屋根やカーポートを取り外す必要がある場合には事前に確認させていただきます。

     

    ③高圧洗浄

    高圧洗浄機(クリーンジェッター)にて外壁や屋根を洗います。水道水での「水洗い」と、薬品投与による「バイオ洗浄」の2種類をご用意しています。110kg/㎠~130kg/㎠圧にて汚れを落とします。門・塀・土間・車庫の床なども同時に洗います。高圧洗浄は雨天でも作業可能なため、天候による作業延期はありません。

     

    ④下地処理

    塗装工事において一番重要な工程です。疎かにするとすぐに再度補修することにもなりかねません。外壁の目地のシーリング工事、ひび割れ処理、注入工事、電動工具でのケレン作業、欠損部の整形など、丁寧に作業させていただきます。少々お時間をいただく事もありますが、工事金額は変わりませんのでご安心ください。

     

    ⑤養生作業

    塗装しない箇所を全て養生(マスキング)します。工事期間中、ベランダやバルコニーがご使用いただけなくなるので、最短の工程で行うよう心がけています。

     

    ⑥軒天井塗装

    素材が「ケイ酸カルシウム板」の場合は、外壁と屋根にどんな塗料をご選択いただいても「カチオン系アクリル樹脂塗料」の仕様となります。それ以外の素地の場合は異なる提案をさせていただきます。軒裏の「結露防止」のため「静電接着」をお薦めしています。

     

    ⑦外壁の下塗り

    こちらもまた重要な作業になります。外壁に最も合う下塗り材を塗布いたします。当社は『下塗りはたっぷりと』をモットーにしております。全ての下塗り材を薄めずに塗布します。外壁によっては「2液の強溶剤」を使用することもあります(室内に匂いがこもることもありますのでご了承ください)。

     

    ⑧外壁の中塗り

    白色の中塗り材を塗布します。外壁がどんな色でも当社では中塗りの段階で一度外壁を真っ白にします(3回塗り仕様は別)。リペア工事を嫌う当社は改修工事にこだわりを持っています。ご予算やご都合で中塗りを省く必要がない限り、真っ白にして十分な下地形成を行い、上塗りに入ります。仕上がり時に大きな違いはありませんが、数年後に大きな違いが出てきます。

     

    ⑨外壁の上塗り

    いよいよ上塗りです。『最低2回』の上塗りをお約束します。塗膜の「規定量」を確保するため『最低2回』は必要です。現場で劣化の激しい箇所を確認した場合は3回、4回と丁寧に塗り重ねてしっかりと耐久性を確保します。もちろん何度も塗り重ねたとしても工事金額は変わりませんのでご安心ください。塗膜は最高ランクの塗料を1回塗るよりも、低ランクの塗料を10回塗った塗膜の方が紫外線に強く、耐久性が高まります。麻布では外壁の状態に合わせた必要な回数で塗り重ねさせていただきます。塗膜の重ね回数は塗装の良し悪しを決める重要なカギとなります。

     

    ⑩付帯部塗装

    雨戸・樋・戸ぶくろ・破風・鼻かくし・庇・配管・水切りなど外壁にまつわる全て(塩ビ製・スチール製・木製・プラスチック製・FRP製)のものを付帯部とし、塗装いたします。ただし、銅板製・アルミ製・ステンレス製・ガラス製のものや基礎コンクリート・レンガ・タイルなどは付帯部に含まれません。塗装することによって、その後何度も塗り替え修繕が必要になってしまい、結果的に塗装しない方が耐久性が高くなる可能性があるものは塗装いたしません。その内容に関して事前に明確な説明をさせていただいています。

     

    ⑪屋根塗装

    様々な屋根材に応じて塗料と工程は変わりますが、当社の決まりは『屋根に水性は塗りません』のひとつだけ(断熱塗料は別)。塗り重ねる重要性は当然ですが、塗料選択も水性はご法度です。条例により「オール水性塗料」の指定がある場合は別ですが、一般戸建てにはまだそのような条例はありません。社外秘ですが、どんな塗料を使用しても屋根の耐久性を約2倍にする塗装方法も心得ています。オプション工事となりますが、ご興味のある方はお尋ねください。

     

    ⑫雑仕事

    お住まい全体の見直しです。足場を組んだまま点検と処置を行います。飛び出た釘や、緩んだビス、隙間、樋の内側、瓦のズレ、網戸の破れなど、掃除も含めて最終点検を丁寧にさせていただきます。施工担当した職長が責任を持って検査をします(立ち合い検査を望まれない場合は自社検査のみとなります)。

     

    ⑬足場撤去&掃除

    ただ足場を解体して終わりではありません。足場を外した時の『感動』をぜひご体験ください。必ずご満足いただけるはずです。次の日に土間の掃除、目線より下の外壁の直し、点検を行います。荷物などの移動と車庫内、周辺道路の掃除を行い、工事工程は全て完了となります。

     

     

  • ステップ4 工事完了後の流れ

     

    工事完了の報告

    全ての工事が無事に完了した事を報告いたします。「工事完了・同確認書」を作成させていただいた時点で工事は全て完了となります。

     

    近隣様完了挨拶

    ご迷惑・ご理解いただいたご近所様へ工事完了の挨拶にお伺いします。問題の有無も確認もさせていただき、無事に完了となります(工事が未完了でも足場解体後にお伺いする場合もございます)。

     

    請求書の発行

    「工事完了・同確認書」にご捺印いただいた後、約1週間以内に請求書を発行いたします。請求書がお手元に届いた10日以内に請求書に記載した口座へお振込みをお願いいたします。

     

    保証書の発行

    工事完了後の翌月1日に保証書を発行いたします。保証期間は工事完了後の翌月1日を開始日とさせていただきます。

     

    アフターケア開始

    塗装は「塗りたて」が一番キレイです。後は時間とともに劣化は避けられませんが、しっかりとアフターケアに努めさせていただきます。

    お住まいに関する不具合・ご質問は、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。永いおつきあいの始まりです。どうぞよろしくお願いいたします。

     

Copyright(c) 2020 株式会社 麻布 大阪営業所 All Rights Reserved.